理解できる授業内容なのか

教え方というスキル

教員には、授業内容がわかりやすいという資質が必要です。
生徒のことを考えないで、機械的に授業を進めていく教員はおすすめできません。
それでは、理解できない部分がたくさん出てしまいます。
内容を噛み砕いて説明したり、質問を気軽に受けたりしてくれる教員から教わればすぐに理解できるでしょう。

どんな教え方をするのか、実際に授業を受けてみないとわかりません。
教員の資質を知りたい場合は、人から話を聞くのが良い方法です。
実際にその学校に通っている人に聞くと、どんな風に授業が進むのか教えてくれます。
教え方がうまく、すぐに内容を理解できると言っていたら信頼できる良い教員だと判断できます。
学校を決める時の、判断材料になるでしょう。

質問する姿勢を意識しよう

どんなに教え方がうまい教員から授業を受けても、内容を1回で理解できないことがあります。
その場合は遠慮しないで、質問してください。
良い教員なら、気軽に応えてくれるはずです。
質問すればさらに理解が進むので、自分の知識になります。
授業中に質問すると、他のクラスメイトから注目を集めます。
ですから、抵抗を感じる人がいるでしょう。

また授業中にたくさんの質問をすると、授業を進める時間がなくなってしまうかもしれません。
その場合は授業が終わってから、質問するのも良い方法です。
時間がある時なら、教員はさらに丁寧に教えてくれるでしょう。
わからないところを、そのままにしないでください。
テストで出題された時に、対応できなくなります。


この記事をシェアする